刺繍額装方法

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook

               刺繍用額(クロスステッチ)

刺繍の額装は作品をお預かりしてから 刺繍のイメージサイズを採寸して、マット加工をして額の中におさめます。

  額縁のサイズの決め方

作品を入れたとき、マット巾は1辺60㎜以上あるのがオススメです。

作品サイズ130×80㎜前後   インチ(255×204㎜)

     180×120㎜前後   八っ切(303×242㎜)

     300×280㎜前後   太子 (379×288㎜)

     300×220㎜前後   四ッ (424×348㎜)

     380×270㎜前後   大衣 (509×394㎜)

     420×300㎜前後   半切 (546×424㎜)

     480×335㎜前後   三三 (606×455㎜)

     540×390㎜前後   小全紙(660×510㎜)

     600×420㎜前後   全紙 (727×545㎜)

     ※上記の作品サイズは目安です。 

   

   額装の方法

①まず最初に、刺繍のしわをアイロンできれいに取り伸ばします。

②ピンと伸びた刺繍を1㎜もしくは2㎜の中性台紙に専用テープで固定します。またテープで固定しにくい場合は、ステッチテープ(※ステッチ専用の両面テープで無酸で、糊が布へ染みこみがなく、悪影響も与えません)で固定します。また、テープで固定する時、やや引っ張り気味にして、布地のたるみ・しわが出ないようにします。

作品の余白部分が広くてカットを希望されない場合、台紙に巻き込んで固定しますが、額装の作業上、カットの必要がある場合は こちらよりご確認をさせていただきます。

③刺繍を貼りこんだ台紙の上に中抜きしたマットをかぶせ、額にセットして完成です。

マットの中抜き寸法は作品に4辺ぐるり約5㎜被せるようにカットしますが、作品によっては完全な四角形でなく歪みがある場合があります。出来るだけバランスの良いトリミングをいたしますが、どうしても無理な場合は辺の短い寸法に合わせ中抜きいたします。

 

マットの抜き方は2種類の中から選択できます。ほかにWマット、シングルマットに面金、面銀加工がございます。価格はそれぞれ違いますので、詳しいことはお問い合わせください。

マット説明

 

刺繍の説明